topimage

2008-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2008.11.25 Tue

winter.jpg

急激に寒くなってきたパリ郊外です。週末には、ちょこっと雪も降りました。スヌーピーさんも、冬支度です。

って、これは、ブログ用に撮った写真で、実際は、今もスヌーピーさんは、裸で暮らしています。

寒いのも平気で庭で遊んでいるスヌーピーさんですが、元気なのは、良いよ。でも、毎回、庭に出るたびに泥だらけになって帰ってくるのは、止めて頂きたい。



Redimensionnement de 112508134103-00

これは、庭から帰ってきたスヌーピーさんの足を拭いたタオル。



Redimensionnement de 112508134208-00

これは、今日1日で使ったタオルの山。土なので、すぐにタオルを洗わないと色が付いてしまうため、まずは、すぐに手洗い。そして、その後、まとめて洗濯機へ、というのが、毎日です。
ちなみに使っているのは、IKEAの子供用のタオル。小さくてスヌーピーの足を拭くには、ちょうど良いです。安いから、汚れが落ちなくて捨てることになっても、気にならないし。

では、今から洗濯してきます。(笑)

スポンサーサイト

Baby hog (Autumn juvenile) - 2008.11.16 Sun

Redimensionnement de 111608173101-00

金曜日の夜に野生動物がお泊りしました。

スヌーピー「野生動物って、僕のことじゃないですから。」 (笑)

実は、1週間ほど前に、庭にハリネズミの子供がいることに気が付いたのです。今の時期、冬眠をしているハリネズミですが、冬眠をするのには、450gから600gないと冬眠中に死んでしまいます。

本当ならば、ハリネズミは、夏に子供を産み、産まれた子供たちは、寒くなるまでにいっぱい食べて、冬眠できる体重になるわけです。

だけど、ここ数年の異常気象で、今年も9月が妙に暖かかったりで、9月ころに産まれちゃうハリネズミの子供たちがいるんです。この子達は、冬眠までに十分な体重になれず、死んでしまうことが多いです。

ということで、我が家の庭で見つけたハリネズミの子供を捕まえて、体重を量ってみたら、
たったの160g・・・!私の片手で持ち上げられるくらいのサイズです。
ハリネズミのレスキュー・グループに連絡をしたら、すぐに捕まえて家の中に入れて、春まで面倒を見てくれ、との返事が来ました。



Redimensionnement de 111608173201-00

大き目のダンボールに、新聞紙を敷き、餌と水を置いて、そして、ハリネズミの子供は、寒さに弱いので、フリースの帽子を入れてくれとアドバイスを貰ったので、私のUNIQLOのフリース帽子が犠牲になり(笑)、夜行性のハリネズミなので暗くて静かな所に小屋を置くようにといわれたので、地下室に置き、暖房を20度に設定。

ここに1晩、お泊まりしていただきました。
初めは、やはり逃げようとして、小屋の中をめちゃめちゃにしましたが(餌を踏み潰し、飲み水を半分以上こぼして、糞をあちこちにして、戦場でした。笑)、餌もあるし暖かいし、と諦めが付いたのか、すぐにおとなしくなってくれました。

本当は、ハリネズミのレスキュー・グループからは、春まで預かってくれと言われたのですが(春になったら、庭に放してあげる)、回虫を出す薬を飲ませたり、ノミよけの薬をつけたり、いろいろと健康面でやらないといけないことがあり、自分達にちゃんとできる自信がなかったので(やはり、野生動物で犬じゃないから、薬をあげるのも簡単なことではないし)、ネットで調べたら、パリにある獣医学校(動物病院でもあります)が、レスキューされた野生動物を引き取るとわかり、そこにお願いすることにしました。

注:フランスでは、ハリネズミは、守られている野生動物です。法律では、こういった野生動物を勝手に捕まえて、「ペット」にしては、いけない。そして、許可なしに、車などでの移動も禁止になっています。
ただ、怪我、病気などの理由で人間に助けが必要な場合は、獣医などのアドバイスに従って、その動物を治療してあげていいことになっています。私の場合も、正式に認められているハリネズミのレスキュー・グループの支持に従い、この子供のハリネズミを捕まえて家の中へ入れました。




Redimensionnement de 111608173101-01

さて、一晩、お泊まりしたハリネズミさんですが、餌もちゃんと食べてくれて、糞も正常、朝には、UNIQLO帽子の中ですやすやと寝ていました。私が見る限りでは、特に病気もなく健康そうです。ただ、ダニが付いてました。本当は、すぐにダニを取ってあげるべきなのですが、慣れていないと上手く取れないで、反対にハリネズミが肌のアレルギーなどを起こしてしまうので、これは、獣医学校にお願いすることにしました。
オリーブオイルなど料理用のオイルをダニに1滴かけると、48時間以内にダニが落ちると聞いてやってみましたが、私達が獣医学校に連れて行くまでには、落ちませんでした。

ちなみに、もちろん野生動物ですし、オシッコ、ウン子するわけですから、結構、臭いました。(笑)

スヌーピー「僕も、臭いと思いました。ま、僕のオナラの臭さには、勝ちませんけどね。」
いや、それを自慢しても仕方ないよね。(笑)



Redimensionnement de 111608173101-02

ということで、土曜日の午後に小さめの段ボール箱に、小さく切った新聞紙をたっぷり入れて、そこにハリネズミさんを入れて、車で獣医学校へ行きました。
車で移動中、ずっとカリカリと歯で何かを噛んでいる音が聞こえて笑いました。どうも、新聞紙を自分で破って巣を作っていたようです。
獣医学校に着いたころには、すっかり眠っていました。

この獣医学校ですが、学生達がレスキューされた動物達の面倒を見るそうです。(もちろん、獣医の監視の下)そんなわけで、学生が3、4人出てきて、「わぁーい、ハリネズミの子供だ!」と、妙に喜んでおりました。きっと、みんなで、ダニ取りを楽しんだかと思われます。(笑)

最後、獣医学校を去るときに、「ハリネズミをレスキューしてくれて、ありがとうございました」と感謝されました。
はっきり言って、こうやって、ハリネズミだけじゃなくて、病気や怪我や人間の助けを必要とする野生の動物を助けて獣医学校に持ってくる人たちって、そんなにいないそうです。

ハリネズミは、ヨーロッパでは、20年後には、絶滅すると言われています。本来、10年生きることができるはずなのに、今では、2年から4年しか生きないそうです。理由は、ほぼ全て人間がしていることです。どんどん都会になっていく社会で、森も消え、庭も消え、ハリネズミが生きていく場所がなくなってきているということ。庭で使われる、ケミカルいっぱいの殺虫剤で病気になり死ぬハリネズミも多いそうです。そして、もう一つの原因は、車にひかれて死ぬことだそうです。

私が、1匹のハリネズミを助けただけで、ハリネズミがもう絶滅しなくなるわけじゃないけど、でも、この助けられたハリネズミにとっては、大きな事だろうかと・・・



Redimensionnement de P1010751

(ぶれぶれの写真で、ごめんなさい。HEDGEHOGと書いてあるのが、ハリネズミです。頭を帽子の中に入れて寝ている所です。この後、体全部をすっぽりと帽子の中へ入れて寝てました。)


フリース帽子の中ですやすやと眠る姿は、とても可愛くて、がんばって生きてほしいと思いました。



Redimensionnement de 111608174801-00

スヌーピー「母ちゃんと父ちゃんは、ハリネズミのことばかりで、僕は、嫉妬しました。」
ペットの小鳥に慰めを求めているスヌーピーさんでした。(笑)


 - 2008.11.13 Thu

Redimensionnement de 110408095203-00
人生、何が起こるかわからない。朝、起きてコーヒー飲んで、仕事して、食事して、遊んで、犬と散歩に行って、寝て・・・・ どんなに平凡な暮らしをしていたって、いつ何が起こるかわからない。
自分の身が安全なようにリスクをとらずに生きていたって、何が起こるかわからない。




Redimensionnement de 090408111301-00
つい先日、友人がある大事故に巻き込まれたと連絡があった。誰も、こんなことが起こるのか?という信じられない事故だった。あと1分でも、いや30秒でも、家を出るのを遅れていたら、この事故には、巻き込まれなかった。

背骨や他の骨がそこらじゅう折れた。頭もかなりダメージがあり、これから脳のスキャンをする予定。手術もすでに2回行われた。
そして、昏睡状態。




Redimensionnement de 090408111301-01
彼は、プロ並みの上手さのピアノを弾き、ピアノのために生きているような人。銀行とローンを組んでまでもして、ピアノには、お金をかけるほどだった。

そして、彼は、フランスの移民の人たちの人権を守るための運動をしていた。

ピアノと移民の人権、この二つが、彼の人生にとって、とても大切なことだった。

彼は、きっと、一生、身体障害者として生きていくことになるだろう。いつか、彼が目を覚ました時、彼が人生で大切にしていることが、もうできないと知ったとき、どう思うのであろう。



Redimensionnement de fun3
こうやって愛する犬と一緒に、幸せに暮らせる自分は、幸運だと思う。毎日、平凡に暮らせるというのは、幸せなことだ。毎日を無駄にしちゃいけない。明日、何が起こるかわからないのだから。

いつの日か、また友人のピアノ演奏を聞けることを願っている。

 - 2008.11.06 Thu

Redimensionnement de 110308161107-00
ここ数日、雨ばかりだけど、晴れな日があると、もちろん、スヌーピーさんの散歩。


Redimensionnement de 110308161201-00
肌寒かったのに洋服無しで、全然、平気らしい。

今回は、公園で、ハンサムなブリンドルのフレンチブルと会いました。ガッチリしたマッチョな体つきで、すごくいい顔をしていました。
そんなハンサムなフレンチブルと会った時のスヌーピーは・・・・


Redimensionnement de 110308163001-00
思いっきりよだれが垂れていました。(笑)




Redimensionnement de 110308163001-01
それで、顔をブルンブルン振るもんだから、よだれが顔中に付いちゃってました。(涙)

ちなみに、遊び方がかなり乱暴なスヌーピーさん。このマッチョなブリンドルの子にも、怖がられました。
どうして、こんなにも野生児なんだか・・・・



Redimensionnement de 110308171105-01
家に帰ってくると、散歩後のハイになっていて、家の中から庭へとすごい速さで1周走ります。




Redimensionnement de 110308170801-00
そして、テラスで倒れ・・・
これでやっと大人しくなってくるか・・・・と思いきや、大人しいのは、3分だけ。



Redimensionnement de 110308170701-00
すぐに復活します。

スヌーピー「かあちゃん、もう一回、公園まで散歩に行ってくるか?」


スヌーピーにランニングマシーンを買ってやろうかと、真剣に考えたいです。(笑)



 - 2008.11.03 Mon

スヌーピーさんの最近のお気に入りは、これ。


Redimensionnement de P1010740

IKEAで見つけたブルドッグの縫いぐるみ。
おもちゃは、なんでも破壊するスヌーピーなので、これもきっとすぐに破壊されるかと思いきや、枕代わりに大事に使っています。(笑)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Snoopy Mum

Author:Snoopy Mum
フレンチブルドッグのスヌーピーの日記。フランス在住。
大嫌いなフランス生活もスヌーピーのおかげで、何とか毎日を楽しく過ごしています。

本館は、こちら↓


別館・写真ブログ↓
I am still walking....

ブログ更新をメールでお知らせします。↓メールアドレスを入力して「購読する」クリックしてください。feedburnerという所からメールが来ますのでメール内のリンクをクリックして登録完了です。:

配信: FeedBurner




最近の記事+コメント

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

Snoopyへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

未分類 (669)
Diana Mini days (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。