topimage

2010-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2010.10.29 Fri

Redimensionnement de DSC00100

今、住んでいる家のリフォームをするとき、私がどうしても欲しかったのがウォークインクローゼット。でも、寝室に場所がなくて、廊下だった部分をウォークインクローゼットにしちゃったのですが(笑)、スヌーピーさんは、生意気にも自分用クローゼットをウォークインクローゼット内に持っています。


Redimensionnement de DSC00101

中は、こんな感じ。日本では、犬用クローゼットも売っているようですが、こちらでは、まったくないので、IKEAの家具を上手く工夫して作りました。本当ならば、これは、タンスとして使われるものなのですが、ハンガー掛けを付けたわけです。

スヌーピーは、実は、洋服を着るのが大好きでクローゼットを開けると興奮します。
寒がりじゃないのですが、洋服を着て散歩に行くと、いろんな人達に「可愛い!」と言われるので、それが嬉しくて洋服を着たがるのです。


Redimensionnement de DSC00105

横には、犬の尻尾型のフックも付けてみました。マフラーとかかけています。


そういえば、TVでフランス人の獣医さんが、言ってました。犬に洋服を着させるのはどう思うか?と言う質問にその獣医さんは、「犬が嫌がらないのなら服を着させてもいいと思う。服を着るのが好きな犬というのは、服を着ると人間が喜ぶから、服を着たいと思うもの。」なんて説明していました。
ちなみにスヌーピーの獣医さんも、犬に服は、OKと思っています。もちろん、寒い日だけですが。スヌーピーに服を着させて獣医に行くと、獣医は、とても喜びます。(笑)

私は、最初は、犬に服なんて・・・・と思っていたのですが、スヌーピーを飼って初めての冬に、散歩中にいろんな人達に服を着させた方がいいと言われたんです。近所のフレンチブルを飼っている飼い主さんにも「うちは、冬は、洋服を着させているよ。」て言われ。
確かに、冬の間、気温が0度、または、マイナスになったり、雪が降っている時など、洋服を着ている犬が多いです。フランス人も犬に洋服を着させるのかと思い、スヌーピーにも服を着させるようになりました。


Redimensionnement de DSC00104

で、いまでは、洋服がかなりたくさんあるのですが・・・
実は、ほとんど着れない物ばかり。
スヌーピーは、成長がゆっくりみたいで、大人のサイズになるまで2歳か3歳くらいまで、かかりました。だから、年ごとに洋服のサイズが変わりました。その後も、首のサイズ、胴のサイズが毎年、増えて・・・

去年、買った服がきつい・・・


Redimensionnement de DSC00106

もう6歳なんだから、成長期は、終ったでしょう???

困ることは、王子に合う服が見つからないこと。日本のフレンチブル専門の洋服屋でも無理。フランスには、フレンチブル用のサイズの服は、特になし。
スヌーピー王子、体重13.5キロ、首44cm、胴62cm。どうしたらいいんでしょうか?
私が作るしかない・・・?裁縫は、苦手なのにぃ!
スポンサーサイト

 - 2010.10.26 Tue

今日は、ちょっと真面目なお話を・・・

英語のサイトなのですが、あるサイトで「犬をケージで飼うのは、賛成か反対か?」というディスカッションがあり、そこで出たいくつかの意見を紹介したいと思います。



まずは、ケージで犬を飼うのは、賛成という意見。


Aさんの意見

使い方を間違わなければ、ケージは、犬の「隠れ場」「自分だけの場所」になるので、ケージを使うのは、OKだと思う。
しかし、ケージをお仕置きのために使うのは、よくないと思う。
そして、犬がケージに入れられている時間は、最高2時間から3時間までにするべき。1日中ケージに入れておくのは、残酷である。



Bさんの意見

ケージ飼いは、賛成。昔、犬が野生だった時、犬は、洞穴で寝ていた。だから、ケージは、犬にとって、洞穴のような物。犬がリラックスできて、落ち着いて眠れる場所。

子犬には、ケージを使うのが良いと思う。留守にさせるときや、見張っていられない時にケージに入れるといい。そうすれば、子犬が、電気のコードなど噛んじゃいけないものを噛めないから。

犬は、自分が寝ている場所では、トイレに行かない。だから、ケージの中でもトイレに行かなくなる。これは、犬が家の中ではなくて、外だけでトイレに行けるように躾けるのにも、良いと思う。

犬は、犬であって、人間では、ないことを忘れちゃいけない。人間からしてみるとケージ飼いは、残酷に見えるかもしれないけど、犬にとっては、残酷ではない。

私は、私の犬達が子犬のころは、ケージに入れてケージをドアを閉めていたけど、大人になった今は、ドアは、閉めない。犬たちが、自分でケージの中に入ったり出たり、自由にしている。

ケージは、お仕置きのためには、使ってはならない。
長い時間、犬をケージに入れておくのは、残酷である。




そして、ケージ飼いは、反対という意見。


Cさんの意見

私の国では、車などでの移動にケージを使うのは、許可されているが、犬をケージで飼う事は、法律上、禁止になっている。(たぶん、ニュージーランドだと思います。)犬をケージで飼うのは、極めて残酷である。

犬が食べてはいけない物を食べてしまったり、噛んではいけない物を噛んでしまうことがないようにと、ケージを使うのは、間違っている。犬を迎え入れる前に、そういったことが起こらないように、犬が安全に住める状態に家を準備しておくべきだから。

もしあなたが、1日中働いていて、犬を家の中で自由にさせずにケージで留守番させるのであれば、残念ながら、あなたは、犬を飼わないほうが良い。
ニュージーランドでは、犬を1日中ケージで留守番させると、最高$25,000の罰金、または、6ヶ月の刑務所行きになる。

犬のように社交的である動物にとって、ケージは、けして落ち着ける場所などではない。
ケージは、洞穴のような物だと言う人達がいるが、とても馬鹿げた意見である。洞穴には、1つ以上の出入り口があるし、その出入り口が閉まっていることはない。いつも開いていて、行き来が自由だ。そして、洞穴にいる子犬たちは、絶対に独りになることはない。いつも、兄弟姉妹や母親の犬と一緒にいる。

車や飛行機などの移動のため以外にケージを使うのには、反対。



Dさんの意見

私は、ドッグトレーナーです。ケージは、洞穴とは、まったく違います。
まず、洞穴には、いくつもの出入り口があります。そして、数匹の犬が入れる大きさがあります。ケージには、一つしか出入り口がなく、一匹の犬しか入れません。
野生の犬は、一人で寝ることはありません。自分たちの身を守るためにも、数匹一緒に寝ます。
そして、洞穴の出入り口は、閉まっていません。犬達は、出入りが自由にできます。洞穴と言うのは、犬にとって自分の身を守る場所です。閉じ込められる場所ではありません。

私は、ケージを使うのに反対です。なぜならば、ケージは、自然でなく、必要でなく、そして危険だからです。
自然でない、なぜなら、ケージは、洞穴とは、まったく違うからです。犬をケージに入るように躾けることはできます。でもこれは、私達人間の生活のスタイルに合わせるためのだけのものであって、犬にとっては、何も良いことは、ないです。
必要ない、なぜなら、ちゃんとした躾をすれば、ケージを使う必要がないからです。
危険、なぜなら、犬が初めてケージに入れられる時、犬は、ストレスを感じるからです。子犬ならば、そのストレスが原因で、後々、行動に問題が出てくるかもしれません。

私のアドバイスは、正しい躾を犬にしなさい。そして、犬用のベッドを寝室に置きなさい。犬と一緒に寝てもOKだと思います。野生の犬たちが、数匹で一緒に寝るのと同じように、犬が飼い主達と一緒に寝てもいいと思います。寝室が、犬にとっての「洞穴」になるます。日中も、犬用のベッドがあれば、そこが犬の居場所になります。



***********************************************


私が犬を飼おうと決めた時、日本の犬の飼い方の本を何冊も読みました。どの本にも、当たり前のようにケージを用意するようにと書かれていました。なので、ケージを使うのが、当たり前と思いました。でも、フランスのペットショップでは、ケージを売っているのを見たことがない。(売っている店もあるようですが、うちの近くの店には、どこもなかったです。)フランス人の多くは、ケージで犬を飼うのは、かわいそうだと言う意見なようです。

スヌーピーは、生まれてから1度もケージに入ったことがありません。ブリーダーの所でも、ケージは、使われていませんでした。小さいころは、家の中にあった鉢植えの植物を食べようとしたことも何度もありました。なので、留守番の時は、植物を置いていない部屋にスヌーピーを留守番させて、悪戯ができないようにしていました。

もともと、あまりスヌーピーに留守番をさせない我が家ですが、植物を食べないように躾ができた後、そして、電気コードを噛んだりしないこともわかった後は、家の中で自由にさせて留守番させるようになりました。

スヌーピーは、ケージがなくても「自分の居場所」というのは、ちゃんとあります。犬用ベッドが自分の居場所であるし、最近は、ソファが自分の居場所になっているようです。

今までスヌーピーと一緒に住んできて、ケージを使う必要性を感じたこともないですし、使わないでよかったと思っています。ですから、私は、ケージ飼い反対のCさんとDさんと同じ意見です。
ですが、賛成派のAさんとBさんも、長時間のケージ使用は、反対だと言っています。

日本の躾の本には、ケージを使用することが当たり前のように書かれていますが、本当にケージは、必要なのでしょうか?ケージでの長時間の留守番は、犬にとってどうなのでしょうか?
人間の生活のスタイルに犬を合わさせるのではなくて、人間が、犬の習性・行動などに合った環境を作ってあげることが大切なのでは、ないでしょうか?


 - 2010.10.21 Thu

Redimensionnement de DSC00126

秋のフランス。いつも行く公園にキノコがいっぱい。こんだけ密集しているとキモイかも。

Redimensionnement de DSC00129

こんな立派(?)なキノコも。

Redimensionnement de DSC00127

スヌーピーの口元の先にもキノコ。
こんだけキノコあるけど、もちろん食べる人は、いないと思いますが、フランスでは、野生のキノコが食べれる物か知りたい場合は、薬局に持っていけば調べてくれるそうです。

でもここの公園のキノコは、食べれる物でもお勧めしません。犬たちのオシッコを充分に吸い込んでいますから!(笑)

Redimensionnement de DSC00130

今日も楽しくお散歩~。というのは、嘘で、これは、2週間ほど前の写真。

今朝の気温は、なんとマイナス1度。もう秋なんて終りました。冬です。庭の芝生も凍ってました。


Redimensionnement de DSC00131

スヌーピー「え?もう冬ですか?じゃあ、冬眠しないと。」と口元に葉っぱ付きの王子。


Redimensionnement de DSC00172

実際に昨日の散歩は、これ。

王子「寒すぎ。こんな寒い中なんで歩かないとならんの?」

と、散歩拒否。
今でも裸でも大丈夫ですが、体の寒さじゃなくて、足の冷たさが嫌みたいです。

旦那に言ったら、「ブーツだ!ブーツ!ブーツ履かせろ!」って、なんであの人は、こんなにも過保護かねぇ。


Redimensionnement de DSC00173

今まで1時間半の散歩も、昨日は、たったの20分!

この写真は、一見、ちゃんと歩いているように見えますが、家に向かっているからです。早く帰りたい王子。


Redimensionnement de DSC00174

ゆっくり写真なんぞ撮ってたら、「母ちゃん早くしろ!」って怒られました。(笑)


Redimensionnement de DSC00165

散歩は、短くても涎は、いつもどおり。頭をブルブル横に振ったもんで、おでこに涎の線。(笑)

スヌーピー王子、冬眠の季節に入りました。

 - 2010.10.17 Sun

Redimensionnement de DSC00166


If tears could build a stairway,
And memories a lane,
I'd walk right up to Heaven
And bring you home again.

R.I.P Raisa

 - 2010.10.11 Mon

Redimensionnement de DSC00133

今年最後の天気の良い週末では、ないかと思わせる日曜だったので、本当は、庭掃除とかいろいろやることは、あったのですが、スヌーピー王子優先の我が家ですから、スヌーピーが大好きないつものお城のある公園に行ってきました。


Redimensionnement de DSC00134

今回も走りまくったスヌーピー。目が怖い。

Redimensionnement de DSC00135

犬連れの方たちが多かったけど、こんなにも走っている犬は、他にいないよ、スヌ君!(笑)

Redimensionnement de DSC00136

やはり、私達のように今年最後の天気の良い日曜と思った人達も多かったのか、公園は、人がいっぱい。ピクニックを楽しんでいる人達がいっぱいでした。

Redimensionnement de DSC00137

ここの公園の芝生が長めのせいか、スヌーピーは、ウサギのようにぴょんぴょん跳ねながら走ります。

Redimensionnement de DSC00139

子供達のボール遊びに参加したい王子。

Redimensionnement de DSC00141

ロングリードの8メートル内を自由に動くスヌーピー。でも、もっと長いリードが欲しいね。

Redimensionnement de DSC00143

公園内にある池には、野生の鴨(でしょうか?)が、いっぱい。大きな袋にバゲットをたくさん持って来ている人達がいて、その人達が鴨にパンをあげています。

Redimensionnement de DSC00144

そしてもちろん、いつもどおりにロバさん達に会いに行きました。
人間に慣れているので、いっぱい触らせてくれて可愛い子たちです。

Redimensionnement de DSC00145

ここでもやはり、パンをあげている人達がいました。ロバは、ちゃんと餌を与えられているので、パンをあげるのはどうかとも思いますが、まあ、おやつってことで大丈夫でしょうかね!?

Redimensionnement de DSC00146

この日曜日は、10月では、珍しく20度を越える暖かい天気だったのですが、それでも夜は、寒いので、枯葉がいっぱいで、やっぱり寒い冬は、近づいているのですねぇ・・・・ちょっと憂鬱。(笑)

いちを動画もアップしますが、王子は、芸も何もしません。(笑)
お城も映してみましたが、ちょっと遠すぎたのと太陽の光でほとんど見えてないです。




この良い天気は、いつまで続くのか・・・ でも、いきなり突然、一気に寒くなりそうで、冬の準備でユニクロのヒートッテックも、ばっちり注文しました!(笑)あまり寒い冬になりませんように・・・・

 - 2010.10.10 Sun

あるとても興味深いサイトを見つけました。
ドイツでの犬猫についてのことです。

http://www.alive-net.net/law/wadai/Germany1.html
http://www.alive-net.net/law/wadai/Germany2.html
http://www.alive-net.net/law/wadai/Germany3.html
http://www.alive-net.net/law/wadai/Germany4.html

ドイツは、動物愛護が進んでいる国として有名ですが、犬に関しての決まりとして、例えば・・・

●毎日散歩をさせなければならない。
●長時間の留守番をさせてはならない。
●檻で飼う場合は1頭あたり最低6平方メートルの広さを確保すること

などがあるそうです。

この法律から行くと、ペットショップでの生体販売がほぼ不可能になるわけです。

この法律は、当たり前のような内容にも思えるのですが、どうしても人間の勝手やエゴが優先されることがある飼い主さんも多いのではないかというのが現実かと思います。

でも、犬は、飼い主を選べませんから。
共働きで犬を飼い、毎日、小さなケージで8時間から10時間も留守番にする家庭は、「そういうライフスタイルだから仕方ないじゃない」と言うかもしれませんが、そういう生活をしているのなら、初めから犬を飼わなきゃいいのです。

確かに、ドイツのようにどこにでも犬を連れて行ける環境にない国もあり(例えば日本)、ドイツのように犬を育てるのは、難しいかもしれません。でも、犬を飼うと決める前に自分の生活スタイルが犬を飼う環境にあるのか、しっかりと考えてから飼うか決めて欲しいです。可愛いからとか、癒されるからとか、この種の犬を飼うのが流行っているから、そんな理由では、犬を不幸にするだけです。

 - 2010.10.07 Thu

Redimensionnement de DSC00109

ここ数日、天気が悪くて散歩に行けなかったのですが、今日、晴れた良い天気になってくれて、久しぶりの散歩に行きました。

Redimensionnement de DSC00107

雨ばっかりだった数日・・・公園は、きのこだらけ。(笑)

Redimensionnement de DSC00108

枯葉に混じってるから、見えるかな?

Redimensionnement de DSC00111

ほらほら、これ、すごくないですか?密集してキノコ!
こんなにキノコの写真とってどうするのでしょうかね・・・(笑)
ところで、秋になりキノコが美味しい季節です。フランスは、美味しいキノコがいっぱいです。最近は、椎茸も売ってますよ。

Redimensionnement de DSC00110

と、今日も、あのペキニーズ犬を連れたおばさんに会っちゃいました。
ペキニーズは、スヌーピーを見るなり走ってきたのですが、おばさんは、

「あー!またあの白い犬!!」

って、嫌味っぽく言いましたよ。
まったく嫌ね~。しつこく付きまとうのは、あなたの犬なのにね~、それにここは、あなただけの公園じゃないのよ~、って言い返したいけど、気弱な私は、言えないよ。(笑)

でも、スヌ君は、前回、このおばさんに「可愛くない」と言われたのを理解していたのでしょうか!?走ってペキニーズ犬から逃げてました。(笑)


Redimensionnement de DSC00112

そんなスヌ君、今日は、よだれは、垂れていないけど、鼻水が出てます。それも泡状です。(笑)

Redimensionnement de DSC00116

今日は、気温は、結構、上がって、長袖を着ていたら暑かったくらいです。半そでの人たちが、多かったです。
暖かいのは良いけど、今の時期で、この暖かさは、ちょっとおかしいかも。
それでも、公園には、枯葉がいっぱい。

Redimensionnement de DSC00118

ペキニーズのおばさんには、ムカついたけど、若い女の子に「うわぁ~、可愛い!」って言ってもらって、今日も楽しい散歩だったね。この泡鼻水のついた顔に可愛いと言った女の子、あなたは、良い人だ!(笑)

ところで、スヌーピーは、フランス語の可愛いという言葉を知っていて、意味も理解しています。なので、人に「可愛い」と言われると、ものすごく喜びます。さすが、ナルシスト犬!


いつも写真ばかりなので、今回は、スヌーピーの散歩の様子を動画で・・・

だけど、動画の回転の仕方がわからず・・・・頭を横に向けて見てね♪(首が痛くなっても責任は、取りませんので。笑)
音をONにして見てみて下さい。鳥のさえずりがいっぱい聞けますよ。ここの公園、野鳥が多いんです。



万歩計を付けて散歩に行ってみたら、今日は、短めの散歩で45分歩いて(いつもは、1時間半くらい歩いてます)3キロの距離で5000歩でした。まあまあの運動になっているかな?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Snoopy Mum

Author:Snoopy Mum
フレンチブルドッグのスヌーピーの日記。フランス在住。
大嫌いなフランス生活もスヌーピーのおかげで、何とか毎日を楽しく過ごしています。

本館は、こちら↓


別館・写真ブログ↓
I am still walking....

ブログ更新をメールでお知らせします。↓メールアドレスを入力して「購読する」クリックしてください。feedburnerという所からメールが来ますのでメール内のリンクをクリックして登録完了です。:

配信: FeedBurner




最近の記事+コメント

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

Snoopyへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

未分類 (669)
Diana Mini days (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。