topimage

2013-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2013.11.24 Sun

1_20131125033249dbb.jpg

今週末もまた寒くて、またお買い物〜。




2_20131125033252480.jpg

ここもクリスマスの物でいっぱいでした。ショッピングで混みまくる12月になる前に、親戚へのクリスマスギフトを買い終わりたいので、ギフト探し。

その前に、バルコニーのプランターの花の植え替えに、花を選ぶ事に。花がある場所に行ったら、床に犬のうんこ。フランス人は、犬のうんこを拾わないんだから、まったく!と旦那と話してました。で、その2分後、スヌーピー君もうんこ〜。私は、ちゃんとウンコバッグを持ち歩いているから、もちろん、全て拾いました。

その後、花を選んだりしていたら、店員のクソババア(あえてそう言わせていただく)が、スヌーピーを冷たい目でじろじろ見ながら、

「おたくの犬、あそこでウンコしてます。拾ってください!」と強い口調で言ってきました。

短気な旦那がカッチーン!笑

「うちの犬じゃないです!何でそう決めつけるんですか!」と怒鳴り、
「うちの子もウンコしましたよ。でも、拾いましたから!」と拾ったウンコバッグを見せた。

絶対に謝らないのがフランス人。

「でも今さっき、見つけたから、あなたの犬かと思ったから。」と言い返してきたので、
旦那も言い返す、

「今さっき?何言ってんですか。もっと前からありましたよ。こっちが、この店に着いた時から、もう15分くらい前からありますよ。」

「そんなはずはない。」とクソババア店員。

「いつまでも、ウンコをほったらかしにしていないで、あなたが拾ったらどうですか?いつまでも、拾わないと、お客さんが踏んじゃいますよ。」と言う旦那にクソババアは

「私は、拾いません。飼い主を見つけ出して、拾わせます。」と。その言い方が、すっごい意地悪!

と、言っている瞬間、近くを通ったお客さんが、そのウンコを踏んだ。

ほれ見ろ!

どうして、フランス人って、特に店員って、こうやって客に対して失礼な態度なのか理解できないです。「あそこにウンコが落ちているけど、もしあなたの犬なら、拾ってもらえますか?」っていう言い方をすれば良いのに。
「てめえの犬だろ!拾え!」みたいな感じで言うのは、やめてもらいたい。



3_20131125033254d9a.jpg

クリスマスギフトを買いにきたから、そのまま買い物を続けたけど、なんかカチンとしたままで、大好きな買い物も全然楽しくない!

でも、↑こちらの方は、若いカップルにいっぱい触ってもらって大喜び。

良く買い物する店ですが、あのクソババア店員だけは、もう会いたくなーい。




おまけ

PB211383.jpg

今年は、見かけないなーと思っていた緑のオウム。戻ってきました。暖かい間は、近所の公園と森で十分餌を見つけられるのでしょうね。寒くなって、うちにピーナッツを食べにきました。どんより暗く寒い毎日なので、こんなにカラフルな南国の鳥さんが庭に来ると、不思議な気分。笑 
スポンサーサイト

 - 2013.11.18 Mon

1_2013111903100932d.jpg

すっかり寒くなりました。スヌーピーもとうとう洋服を着て外出です。
外出時の気温、5℃。涙




2_20131119031014920.jpg

天気がいまいちな週末。で、またガーデン・ペット関係の店へ。
この店も、もうすでにクリスマスマーケット始まってました。




3_20131119031015b2b.jpg

やっぱりフランス人に取ってクリスマスは、家族が集まる年に1度の大イベント。クリスマスデコレーションを買う客でいっぱい。
人が多い所に来ると興奮するスヌーピー。
ちなみにこの日のシャツは、「SNOOPY」の名前入りで、たくさんの人たちにじろじろ見られました。笑




4_201311190310179e4.jpg

クリスマス、私にとっては面倒くさいイベントです。旦那の親戚達と集まってランチかディナーなのですが、長ーーーいのですよ。デザートまで5時間くらいかけて、みんな喋りまくって食べまくる。疲れるんだよなー。お寿司を5時間食べるなら、良いんだけどなー。笑




5_2013111903101990f.jpg

ありましたよ。日本でも売っているこのブルドッグの写真入りグッズ。最近、ブルドッグが広告に使われたり、多いです。





6_20131119031037b2b.jpg

スヌーピーに引っ張られてペット関係の売り場に行ったら・・・・
ぎゃーーーーーーーー!
この可愛い子はなにーーーーーー!!!!





7_2013111903104120b.jpg

この可愛いこの後ろにも、もう一匹フレンチブル。ダックスフント?とプロレス中。





8_201311190310443cc.jpg

でもやっぱりまだ子犬。ちょっと遊んで疲れてゴロン。涎が出そうなほど可愛かった!
ちなみに2匹とも予約済み。

と、可愛い子犬たちを見ていたら、仏人夫婦がスヌーピーを触りにきて、「あの子達が大きくなると、こんな感じなのねー」っと。
「はい、こんなのになっちゃいます。」と旦那。笑

そうそう、いっくら子犬の時、可愛くても、成長すれば、我がまま、自分勝手、すごくうざい悪がきになるのよね。あれ?うちだけか。笑


このあと、鳥も見て、オカメインコ良いなー、欲しいなー、と思ったのですが・・・・

9_201311190310443ab.jpg

うちにいるこの子↑
最初の飼い主に捨てられてうちにやってきたキンカチョウ。


10_201311190310499ad.jpg

↑と、この子。義母が飼っていたカナリア。義母が亡くなったあと、誰も引き取る人がいなくて、うちが引き取った。

と、2羽の鳥が我が家に入るのですが、実は、最近、気がついた・・・・というか、現れた事実。
私は、鳥アレルギー。涙
前は、まったくなかったのに、年齢と共に体調の変化の関係か、肌にアレルギーを起こすようになってしまいました。2羽とも手乗りではないので、直接触る事は、ほとんどないけど(キンカチョウの子は、だいぶ慣れているので、尻尾を触ったりできるけど。)でも、毎日の鳥かご掃除で、鳥かごや止まり木などを触るだけで痒いぶつぶつ。今は、使い捨てのグローブをつけて掃除し、終わったらすぐに手をよく洗う事で、アレルギーは、ほとんど出ないでいてくれてます。
でも、という事は、手乗りの鳥は、飼えないという事でしょう。手乗りのオカメインコを飼うのが夢だったのにー!

 - 2013.11.12 Tue

この週末は3連休でした。


1_20131112210258d3b.jpg

でも、土日は雨ばっかり。そして、寒い。
月曜は、晴れたけど、寒くて、スヌーピーは散歩をしたがらず、




2_20131112210301f3d.jpg

となれば、こいつは↑こうなる。




3_20131112210305461.jpg

「家でダラダラ、ぬくぬく、最高ー!」だそうです。




4_20131112210304d00.jpg

でも、ずっと家にいるのもつまらないし、なのでガーデニングの店に行きました。

興奮状態のスヌーピー。写真がぶれまくり!




5_20131112210306f8d.jpg

お店は、もうクリスマスのデコレーションでいっぱい。




6_201311122103240cc.jpg

「ほれ!早く歩け」と引っ張られ、ゆっくり見られない。




7_20131112210328560.jpg

このシロクマさん、2000ユーロですって!(26万円ほど)
ただ大きいだけじゃなくて、頭と腕が動くんですよ。

スヌーピー君、動いているシロクマさんを真剣な表情で見つめてました。もちろん、周りの方達に笑われました。




8_201311122103305c9.jpg

また、スタスタと引っ張られて行った所には、



9_20131112210332913.jpg

動物の形の置物いっぱい。フレンチブルもいました。




10_20131112210333e88.jpg

アホなスヌーピー君(笑)、この置物を一つ一つチェック。生き物だと誤解しているのです。
特にフレンチブルの置物は、熱心に観察。もちろん、他の人たちに笑われましたよ。フレンチブルの置物に熱心になるというのは、自分の姿を理解しているという事でしょうかね。




11_20131112210353d62.jpg

うちのソファーも動物の形した物がいっぱい。
IKEAのブルドッグに、日本から送ってもらった「シロクマ次男」2代目。(1代目は、あっという間にボロボロになり捨てました。)そこに混ざるうちの野獣犬。私はどこに座ればいいんだっ!


雑談
ガーデニングのお店の店員さんの女性が話しかけてきたのですが、彼女も2歳になるフレンチブルを飼っているそう。それが、躾が大変だそうで、躾け相談されてしまいました。うちも、躾がなってない犬なのでアドバイスなんてできないのですが。
彼女の犬は、レスキュー団体から引き取った子だそうですが、耳が聞こえないそう。それが、レスキュー団体は、知らなかったと。知っていたけど言わなかったのか、気がつくこともできないほど、犬との接触がなかったのか。まあそれは置いといて・・・・、ともかく、やんちゃだし、毎晩夜中の1時まで大暴れ。(うちは、時々夜中の3時まで暴れています、とは言えなかった。笑)
それに加えて、飼い主に歯を剥き出す事もあるそうで、困っていると。耳掃除も歯を剥き出されて、大変だそうです。うちも、爪切りは嫌がるけど、耳掃除は、「やってーやってー!」って感じだし。
で、耳が聞こえないから躾し難いというのが、1番の原因かと思ったのですが、最初の飼い主に虐待されていたとの事。やはり、それが1番大きいようです。きっと、まだ人間を信頼できていないのでしょうね。かわいそうです。
やんちゃなフレンチブル、特にオスは、多いかと思いますが、でも飼い主に本気で歯をむき出して怒るのは、いつか本気で噛まれるかもしれないし、それだけは、トレーナーをつけるなりして、しっかり躾したほうがいいのでは?という話をしました。

 - 2013.11.03 Sun

1_2013110406002878e.jpg

毎年、パリに行われるSalon du Chocolat(チョコレート展)に行ってきました。

旦那の同僚で、かなりチョコレートに詳しい方が、去年ここで発見した日本人のパティシエのチョコが最高だというので、それを目当てに。

写真は、そのお目当ての方がチョコレートのデモをしている所。
es KOYAMAという名前でお店を出しているコヤマ ススムさん。

チョコデモでは、チョコを使ったケーキと山椒入り飲むチョコレートのレシピを見せてました。最後に試食も。飲むチョコレートは、すごーーーーく美味しかったです。山椒がチョコに合うなんてびっくり。

実は、このデモですが、コヤマさんが日本語で話し、それをフランス語に通訳していた方がいたのですが、はっきり言って、どこでこんな通訳を見つけたんですか!!??と聞きたくなるほど酷かった・・・・うちの旦那は、ほとんど理解できず。他のフランス人も理解に苦しみ、最後まで席に残る人が少なかった・・・・最後までいたのは、日本人ばかり。
コヤマさんのトークは面白かったので、フランスの方たちが理解できなかったのは残念。



2_2013110406003096f.jpg

で、こちらが、コヤマさんのチョコ。
コヤマさんは、京都生まれだそうで、京都の素材を使ってチョコ。黒七味、京番茶、醤油などが使われています。全て、ハイクオリティな物ばかり。そこが、コヤマさんの狙いだそうです。
今、フランスでも抹茶だ柚子だって、日本の物を使うのがフランス人シェフ、パティシエ達の間で流行ってますが、結構、安物を使っている事が多いです。日本人じゃないからわからないでしょうね。
だからこそ、コヤマさんは、質の良い物にこだわったそうです。



3_201311040600355bf.jpg

で、実際の味はと言うと・・・・
どれも感動する美味しさ!
コヤマさんのチョコレートは、1年に1回パリであるSalon du Chocolatでしか買えないのが残念!前にフランスまで輸送してくれないか?と聞いたこともあるのですが、日本国内のみ。
日本でも、お店は、兵庫にあるだけみたいです。




4_201311040600358cf.jpg

他にも日本人のパティシエが参加してました。辻口博啓さん、そしてもちろんアオキサダハルさん。ところで、アオキさん、最近、テレビに出ていられるからでしょうか、肌がツヤツヤ綺麗でした。笑

そして、↑こちら。チョコではなくて、キャラメル。福島からの参加です。(写真は、すでに2個食べたあとで、すみません。)
これが、ものすごーーーーーーーーーく美味しいのですよ。フランスでは、キャラメルと言えば、Henri Le Rouxが有名ですが、ここもかなり美味しいですが、ここよりもっと美味しいです。

日本人の作るお菓子というのは、味も外見もとても繊細で、こだわりがあって、丁寧だと思いました。




7_201311040601057af.jpg

で、こちらは、日本でも有名なフランス1のチョコを作ると言われているPierre Herme。
コヤマさんのチョコを勧めてくれた旦那の同僚が、Pierre Hermeより、コヤマの方が美味しいチョコを作ると思うと言ってましたが、私も同意見。
かなり美味しいのですが、コヤマさんの方が味が繊細かも。そして、パッケージやチョコのデザインもコヤマさんの方が断然上。
パッケージは、まあ、日本は、パッケージでは世界1だと思うので、さすが日本人!と思う。
そして、外見より味ですが、でもこういうスーパーで買うチョコじゃなくて、いわゆる高級チョコなんだから、外見にもこだわって欲しい。
コヤマさんのチョコのデザインは、シンプルだけど凝っている感し。



5_20131104060036c2a.jpg

と、チョコについて熱く語ってしまいましたが、私と旦那が「うわー!すごーーーい!」と唸りながらチョコを食べていると、「僕にも味見?」と期待いっぱいのこの子。

犬にはチョコは禁止だからダメ!




6_20131104060100137.jpg

「自分たちだけずるい!」と怒ってます。笑

来年も、Salon du Chocolatにコヤマのチョコを買いに行くぞー!と旦那がはりきってます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Snoopy Mum

Author:Snoopy Mum
フレンチブルドッグのスヌーピーの日記。フランス在住。
大嫌いなフランス生活もスヌーピーのおかげで、何とか毎日を楽しく過ごしています。

本館は、こちら↓


別館・写真ブログ↓
I am still walking....

ブログ更新をメールでお知らせします。↓メールアドレスを入力して「購読する」クリックしてください。feedburnerという所からメールが来ますのでメール内のリンクをクリックして登録完了です。:

配信: FeedBurner




最近の記事+コメント

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

Snoopyへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

未分類 (669)
Diana Mini days (1)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。